Select your location
Internacional - Inglés

コセンティーノにおける安全性

コセンティーノグループでは、包括的な労働安全衛生基準内で当社の活動が行われるように最大限の努力を払っています。これと同時に、当社のお客様、サプライヤー、パートナーにおいても

健康的で安心できる同等の環境基準を守ることを常に奨励しています。リスク防止と労働衛生の観点から例を挙げましょう。

コセンティーノ労働安全衛生サイト

コセンティーノが構築した「労働安全衛生サイト」(以降「Safetyサイト」)は、コセンティーノ製品の処理、加工、施行業務の各担当者間で実践できる、Safety事案に関しての情報連絡ツール(手段)としての役割を果たしています。Safetyサイトは、英語以外の言語にも対応している労働安全の実現を図る各種ツールの提供源でもあり、さらには、コンセンティノ製品の取扱いに伴う業務事業者リスクに関する最新情報の集中管理・閲覧機能として利用することもできます。

このサイトで閲覧できる情報は労務災害に関するものです。コンセンティノ製品の処理や加工作業中に発生する可能性のある災害を説明するとともに、災害回避に向けた施策を記載しています。こうした情報の他に、「安全データシート」、「安全スラブ表示」、「適正実施ガイド」、「結晶シリカについての安全衛生情報」など、Safety分野における重要な情報も掲載しています。

この目標を達成するため、私たちは2方面で取り組みを展開しています。

  • 石材店、建築家、デザイナー、施設、サプライヤー、作業者を含むバリューチェーン全体で、すべての業務従事者のリスクとそれに対応する予防策に関して質の高いトレーニングを継続的に行う。
  • 横断的で統合的な精神で予防の文化の普及に努める。
seguridad-casco

労働安全

当社の目標に向け、私たちは以下の項目ごとに事故の総数を減らしています。

1,200時間

サプライヤーのトレーニング時間

4,000,000ユーロ

投資総額

505,135時間

社員のトレーニング時間

200社

トレーニングを受けたお客様と販売代理店

健康および安全性ポリシー

購買部門は、当社のパートナーと協力会社に当社の価値観や企業ポリシーを浸透させる責任を担っています。また、予防対策を講じ安全を第一とする文化を奨励するという同様に重要な役割を担い、さらに当社のサプライヤーに健康と安全に関するすべての法的指針を徹底して遵守させる責任があります。昨年度は、以下の取り組みを実施しました。
  • サプライヤーおよび下請け作業者がコセンティーノグループ施設を利用するための文書を保管し、更新した。
  • 化学業界のサプライヤーによるコセンティーノグループ工場の監査を実施した。
  • 化学業界のサプライヤーにより、化学原料の取り扱いに関する新入社員研修が実施された。
  • サプライヤー向けに健康および安全性トレーニングを1,200時間実施した。
  • より良い作業慣行を見い出し、当社の製造工程でそれらを実施することを目的としてサプライヤー施設への訪問を行った。
  • 外部業者と契約し、作業ユニフォームの洗濯を委託した。これは、潜在的に有毒な粒子が作業環境から漏れるのを防ぐために極めて重要な工程であり、当社は個人を保護するために必要な手段を提供しています。

基本ルール

これは、職場での事故を回避するためにコセンティーノが実施している重要な手段です。この手段は、近年発生したインシデントの分析結果に基づいており、コセンティーノの社員が厳守しなければならない重要な行動の策定、特に
  • 「作業チームへの介入」に焦点を当てています。
  • 個人用防護具 (PPE) の使用。
  • スラブの取り扱いと保管。
  • フォークリフトの運転と周囲の作業者への注意。
  • すべての負傷とインシデントの報告と調査。

これらのルールは、コセンティーノの全社員に伝達され、恒久的予防対策部門による社内監査の対象となります。